ドクター大ちゃんの「大阪/PET-CTがん検診&がん早期発見」
がんになりたくない人、必見!大阪のPET-CTがん検診センター・MI(エムアイ)クリニックの医師が語る「がん」早期発見プログラムとは?早期がんを発見する高度な画像診断力と最新鋭の機器のすべてを公開。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PET-CT大阪のMIクリニック発】「私はがんにならない」と思ってる人へ!
こんにちは!
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けします。



いまや男性の2人に1人、女性の3人に1人はかかる、がん。
デモ…あなたは『自分はがんにならない』と
    思っていません?


kaeru11_1

「乳がん月間」だった10月は、
各地で様々な催しが行われました。
にもかかわらず、
乳がん検診の受診率は、まだまだ低調だったとか。

医師としては、とても残念です。

がんの知識をもっと広く、深く
多くのみなさんにお伝えすること。

また、がんの早期発見や治療の大切さを
繰り返しお伝えすること。

そういうことが、
これからますます大事
になってくると、
ぼくは思っています。

がんの早期発見に向けて、
このブログも、もっともっと頑張らなくては!!

といったところで、ちょっとブレイクタイム。
今、いったい何位なんだろ?
     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

さて、女性がかかるがんの第1位。
それは、乳がん。

日本の女性の20人に1人
乳がんにかかるといわれています。

30歳代から増加しはじめて、
40~50歳前後がピークです。

セルフチェックで見つかることが多く、
その発見のきっかけは大半がしこり。

乳房の皮膚にえくぼのような
くぼみができることもあります。
(一番がんができやすい場所は、乳房の外側の上部)

女性のみなさん、
触診と視診を行ってくださいね。

アメリカでは、自己検診と
がん検診の普及によって、
1990年代以降、
乳がんの死亡率は、約25%も低下したとか。

早期発見すれば治る確率の高い乳がん。
ただ、進行するとわきの下のリンパ節に転移したり、
血流にのって肺や骨など他の臓器に転移を起こしやすいので
ちょっとでもおかしいなと感じたら
すぐに専門医を訪れてくださいね。
また定期的にがん検診を受診なさってくださいね。
PET-CTがん検診なら、
全ての部位が短時間に、一度に検査できますよ。


今日もここまで読んでくださってありがとう。
また一生懸命頑張りますので、ぼくの「がん早期発見ブログ」に
応援のクリックをお願いします。

    ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

★★がんが気になる方は、お読みください!
PET-CTがん検診は、
世界で最もがんの早期発見が期待されている検診方法です。
痛みが全くなく、横になっているだけのPET-CTがん検診なら、
全ての部位が、短時間で一度に検査でき、小さながんも発見可能です。
PET-CTがん検診についてのご質問は、どんなことでも
大阪のMI(エムアイ)クリニックへ。資料が欲しい方は、こちらから
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

おはようございます
>あなたは『自分はがんにならない』と
    思っていません?
ハイ思っているのは私で~~す
定期的にがん検診を受診しなくちゃ~反省です
今年は今のところ何処も不調がないのをいいことにサボってます~
【2007/11/02 08:47】 URL | machi811 #- [ 編集]


こんにちは、大ちゃん先生!
『癌は誰にでも成る』ですね。先日、乳癌の手術をしたアグネスチャンが
『煙草もお酒もしないし、子供も生んでいるし、血縁者に癌がいないので
自分はリスクが低いから癌には成らないとと思っていました。でも癌は誰でも成ります。どうぞ、検診して下さい。』と言っていました。
私は毎年健康診断は受けていますが、何処も悪くないのでPET-CTがん検診まではしないですね。しないといけないかなと思いますが。私の周りもそういう方多いですね。
PETも通常の健康診断の様にもっと気軽に出来る様に成ると良いですね。
【2007/11/02 09:51】 URL | こころ #- [ 編集]


machiさん、こんにちは。
そうですね~、生活習慣をお聞きしていると
がんになりそうにない暮らしぶりですが…
しいて言えば、アルコール?(笑)
休肝日を作っていますか?こちらはアヤシイですね。
がん検診もサボっちゃダメですよ。
【2007/11/02 12:51】 URL | ドクター大ちゃん #- [ 編集]


こころさん、こんにちは。
アグネスのように有名人、しかもがん早期発見者の
メッセージは説得力ありますね。
もっともっとみんなに伝えてほしいです。

なお一般検診では発見できない小さながんも、
PET-CTでは発見が期待できます。
つまり「早期発見!」です。
でも、保険適用できない場合はやはり高いので、
そこをぼくらも何とかしたいと考えているのですが、
スミマセン、まだまだ力不足で。

ぼくの知り合い、一般のサラリーマンの方で、
3年に1回、PET-CTがん検診を受けようと
毎月「PET-CT貯金」をしている方がおられます。
そういう計画的な検診の受け方も参考になさってくださいね。
【2007/11/02 13:03】 URL | ドクター大ちゃん #- [ 編集]


こんばんは!この間はコーヒーと膵臓がんの関係について教えて下さってありがとうございました♪こんな風に教えていただけるのは、とても嬉しいです。
世の中のお医者さんが、みんな大ちゃん先生のようだったらいいのになぁ。

うちは母が35歳という若さで胃ガンで亡くなっていたり、親族にもガン患者が多いので、「いつかは自分もなるぞ」と思ってます。
であれば、早期で見つけてやるぞ~と思って、毎年胃カメラ、マンモグラフィー、子宮がん検診など受けてます。

ふと、疑問に思うのは、膵臓がんや腎臓がんetcって、普通の健康診断では分かるものなのでしょうか?
健康診断では血液検査もしますが、そこに何か数値的に現れるというようなことはあるのでしょうか?
もし無ければ、各種検診を受けているガン(子宮がんなど)は発見できても、他のは見落として手遅れになってしまわないのかな?と気になります。
【2007/11/03 21:52】 URL | なのなの #- [ 編集]


なのなのさん、こんばんは。
お返事遅くなってごめんなさいね。

さて、お答えいたしますと…
従来の検診は、臓器を特異的に調べる検査です。
例えば、子宮がん検診は、子宮しかみません。
肺がん検診も肺がんしか、評価しません。
また、ご質問の膵癌は奥深い臓器なので、
通常の健診では、
なかなか早期診断は困難な部分があります。

一方、PET-CT検査は、
臓器特異的な検査ではなく、
全身の悪性細胞を一度に検索することができる診断能力の高さに
特長があります。
つまり、この検査だと、
一度に悪性腫瘍(1cm以上のサイズ)が検出できます。
PET-CT検査が、「価値ある検査」「いま、最先端のがん検診」と言われるのはこのような理由からです。
どんな検査でも100%ではありませんが、
PET-CT検査は、
きわめて早期発見パーセンテージが高いと言えます。

ですから、他のがんの見落としが気になられる方は
PET-CT検査をおすすめします。
何といっても一度に、全身のチェックができるんですから!
【2007/11/05 19:50】 URL | ドクター大ちゃん #XSb3wLOo [ 編集]


こんばんは。
やっぱり従来のがん検診では、足りない部分が出てくるのですね。
PET-CT検診受けてみたいです。
私は北海道在住なんですが、こちらでも導入している病院があるみたいなので、受けたいなーと思います。
でも、まずはお金を貯めないと(汗)
【2007/11/07 00:46】 URL | なのなの #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ihaku.blog100.fc2.com/tb.php/91-dd33b38d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MIクリニックMovie

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

大阪/PET-CTがん検診センター MIクリニック by MIクリニックさん

プロフィール

大ちゃん           

Author:大ちゃん     
呼吸器内科の医師で
働き盛りの40代。
大阪・大東市にある
医療法人 仁泉会の理事長。
さらに、がん早期発見の最先端を担う
「PET-CTがん検診センター」MIクリニックを
大阪府豊中市に開設。
予防医学の新たなステージを追求中。
医療専門誌にも掲載多数。
地域の大病院、診療所との連携も強い。

性格は温厚で無邪気で、気が長~い。
ちょっと負けず嫌いな一面も?
月2回のテニスが大の楽しみ!
皮膚科医の妻と子供2人との4人暮らし。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。