ドクター大ちゃんの「大阪/PET-CTがん検診&がん早期発見」
がんになりたくない人、必見!大阪のPET-CTがん検診センター・MI(エムアイ)クリニックの医師が語る「がん」早期発見プログラムとは?早期がんを発見する高度な画像診断力と最新鋭の機器のすべてを公開。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠れているがんをPET-CTで発見!!    2007.4.27
こんにちは!
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けします。



現在、PET-CTがん検診は、

隠れている「がん」の発見に最も有効
だと言われています。
  
そこで、ぼくの運営するMIクリニックでは、

PET検査単体ではなく、CT検査と重ね合わせることで、

より精度の高い診断を可能にしています。

とはいえ、どんな優れた検査でもパーフェクトではありません。

そこで、各々の検査の得意・不得意な分野について

皆さんにわかりやすくお話したいと思います。


まず初めにPET検査について


PET検査は、

「がん細胞が、ブドウ糖を正常な細胞の

5~8倍も吸収する」
という原理に起因します。

正常な細胞は、一定の数を保つようコントロールされていますが、

がん細胞は、無限に分裂し増え続けるので、

ブドウ糖をたくさん要求する
のです。

FDG

そこで、ブドウ糖によく似たFDGという薬剤を注射し、

全身にいきわたらせて体内のどこに多く集積しているかを調べます。

FDGが、がん病巣に多く集まることによって、

小さながんも画像となって現れます。


つまり、PETは

組織の活動状態を画像で確認
する検査なのです。

それでは次回、PET検査の長所・短所についてお話しますね!


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント
がん
面白い所
【2007/04/28 05:46】 URL | ブログ #O5mp8qzk [ 編集]


がんになると痩せるのはこういう理由があるのですね。
【2007/04/29 13:41】 URL | プリ #- [ 編集]

注射
人間ドックで胃のX線検査をする際、バリウムを
飲まされますが、PET検査の場合は薬剤を
注射v-74するのですね。よくわかりました。
また、来ます。
【2007/04/30 13:35】 URL | めんま #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ihaku.blog100.fc2.com/tb.php/7-41cb572b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MIクリニックMovie

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

大阪/PET-CTがん検診センター MIクリニック by MIクリニックさん

プロフィール

大ちゃん           

Author:大ちゃん     
呼吸器内科の医師で
働き盛りの40代。
大阪・大東市にある
医療法人 仁泉会の理事長。
さらに、がん早期発見の最先端を担う
「PET-CTがん検診センター」MIクリニックを
大阪府豊中市に開設。
予防医学の新たなステージを追求中。
医療専門誌にも掲載多数。
地域の大病院、診療所との連携も強い。

性格は温厚で無邪気で、気が長~い。
ちょっと負けず嫌いな一面も?
月2回のテニスが大の楽しみ!
皮膚科医の妻と子供2人との4人暮らし。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。