ドクター大ちゃんの「大阪/PET-CTがん検診&がん早期発見」
がんになりたくない人、必見!大阪のPET-CTがん検診センター・MI(エムアイ)クリニックの医師が語る「がん」早期発見プログラムとは?早期がんを発見する高度な画像診断力と最新鋭の機器のすべてを公開。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PET-CTのMIクリニック発】 食べすぎ、脂肪の取りすぎから乳がん!?
こんにちは!
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けします。



国立がんセンターが発表している
「がんを防ぐための12ヵ条」

第3条 食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに 

―おいしい物も適量に―


今回は、食べることが大好きなぼくには、
ちょっと耳の痛いお話です。

kaeru7_25

食べすぎ、脂肪の取りすぎは
発がん率が高くなる。

う~ん!

食べすぎの中でも、
とくに問題とされるのが脂肪の量。

特に女性の場合は、脂肪をとりすぎると
血液中の女性ホルモンの一種である
エストロゲンが増えて 乳がんリスクが上ると考えられているのです。

いま、日本人女性がかかるがんのトップは乳がん。

女性の22人に1人が乳がんになる
といわれています。


最近では、20歳代の女性にも
乳がんがみつかるケースが増えており、
『若いから大丈夫』という過信は禁物。


くしくも先日、「余命一ヶ月の花嫁」という
乳がんの24歳の女性を追う
感動のTVドキュメンタリーが放送されていましたね。

支え続けてくれた恋人との模擬結婚式の一ヵ月後、
亡くなってしまう…精一杯生きている姿に感動しました。


乳がんは、がんの中では唯一、自分でも発見できるがん。
しかも、早期発見で95%が治癒する
といわれています。


これ読んでるあなたも自己検診と定期検診、
マンモグラフィ検診もぜひ受けてください!


また、脂肪の摂取量は、大腸がんや前立腺がんなどの発生とも
関連のあることが指摘されています。


食べすぎと脂肪のとりすぎには
男女問わず、くれぐれもご注意。

なお、ご心配な方はPET-CTがん検診を。
乳がんに限らず全ての部位が一度に検査できます。
触視診では見つけにくい小さながんも発見可能です。

さあ、生活習慣をしっかりと見直して、
みなさんもがんのリスクを少なくしてくださいね。

MI(エムアイ)クリニックでは、まだまだこれからも、
「がんを防ぐための12ヵ条」をおすすめしていきますよ!
大ちゃんブログにもぜひ応援のクリックを!
       ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ihaku.blog100.fc2.com/tb.php/48-92cd52f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MIクリニックMovie

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

大阪/PET-CTがん検診センター MIクリニック by MIクリニックさん

プロフィール

大ちゃん           

Author:大ちゃん     
呼吸器内科の医師で
働き盛りの40代。
大阪・大東市にある
医療法人 仁泉会の理事長。
さらに、がん早期発見の最先端を担う
「PET-CTがん検診センター」MIクリニックを
大阪府豊中市に開設。
予防医学の新たなステージを追求中。
医療専門誌にも掲載多数。
地域の大病院、診療所との連携も強い。

性格は温厚で無邪気で、気が長~い。
ちょっと負けず嫌いな一面も?
月2回のテニスが大の楽しみ!
皮膚科医の妻と子供2人との4人暮らし。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。