ドクター大ちゃんの「大阪/PET-CTがん検診&がん早期発見」
がんになりたくない人、必見!大阪のPET-CTがん検診センター・MI(エムアイ)クリニックの医師が語る「がん」早期発見プログラムとは?早期がんを発見する高度な画像診断力と最新鋭の機器のすべてを公開。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者なら誰でも読影(画像診断)できる??    2007.5.30
こんにちは!
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けします。



ザードの坂井泉水さんのご不幸に驚きました。
子宮頸がんから肺に転移してたとのこと。
死因は脳挫傷ですが、
つらい思いをたくさんかかえておられたのでしょう。
40才とまだ若く、キラキラ輝いていた人だけに
このニュースはつらいですね。
それにしてもがんってやつは!!

さて、皆さん、
アメリカでは限られた医師しか
読影(画像診断)できないってご存知ですか?

アメリカでは放射線学会の認定医しか読影できません。

権威あるドクターの診断だから、価値がとても高い!

でも日本にはそんな決まりはありません。

医師ならば、誰でも読影OK

しかし、
医師にはそれぞれ専門があって…

基本的にPET-CTの読影は、
放射線診断を専門とする医師でないと困難なのです。

せっかく
PET-CT、MRI などの最先端の医療機器で検診しても
専門医に読影してもらわない限り、
検査が無駄になる
ことも…

現実には、放射線医学の認定医のハードルが高いため、人数が非常に少ないのですが… 

MIクリニックの読影医の条件は

放射線医学の認定医であり、

核医学に精通していること。


PET-CTがん検診センターMIクリニックでは

医師団が力を合わせ、

「診断の価値」をさらに高めよう!

アメリカ並みの高度なレベルに近づけよう!

と頑張っています。

阪大病院との画像連携も推進していく予定です。
医師団が力を合わせて頑張ります!!!


「読影の専門医ってそんなに少ないの?!」
ちょっと驚いた方はクリックしてみてくださいね。


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ihaku.blog100.fc2.com/tb.php/23-f23f4e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MIクリニックMovie

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

大阪/PET-CTがん検診センター MIクリニック by MIクリニックさん

プロフィール

大ちゃん           

Author:大ちゃん     
呼吸器内科の医師で
働き盛りの40代。
大阪・大東市にある
医療法人 仁泉会の理事長。
さらに、がん早期発見の最先端を担う
「PET-CTがん検診センター」MIクリニックを
大阪府豊中市に開設。
予防医学の新たなステージを追求中。
医療専門誌にも掲載多数。
地域の大病院、診療所との連携も強い。

性格は温厚で無邪気で、気が長~い。
ちょっと負けず嫌いな一面も?
月2回のテニスが大の楽しみ!
皮膚科医の妻と子供2人との4人暮らし。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。