ドクター大ちゃんの「大阪/PET-CTがん検診&がん早期発見」
がんになりたくない人、必見!大阪のPET-CTがん検診センター・MI(エムアイ)クリニックの医師が語る「がん」早期発見プログラムとは?早期がんを発見する高度な画像診断力と最新鋭の機器のすべてを公開。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PET-CT大阪のMIクリニック発】おかあさんががんになっちゃった
こんにちは!
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けしております。

にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ


もしも最愛の人が
がんを宣告されたら・・・。

あなたは何を考え、
どのような行動をとるでしょうか?

「おかあさんががんになっちゃった」

お母さんががんに見舞われた後の
家族の交流を綴った今話題の
コミックエッセイがあります。

kaeru08_7_27.jpg

作者は、藤原すずさん(会社員)。
趣味で漫画を描いています。

このすずちゃんにかかってきた
お父さんからの電話。
「おかあさんががんになっちゃった」
すべてはここから始まります。


パニックになりながらも
実家にもどるすずちゃん。

そしてすずちゃんとお父さん、
お母さんとのがん闘病生活が始まるのです。

家族がみんなで力をあわせて、
お母さんのがんと向き合っていく。

がんセンターでの話や、民間療法のこと、
さらには介護やホスピスについてまで、
がんを通じて家族が様々なことを経験していきます。

やがてお母さんの病状が悪化し、
ホスピスで最期を迎えるお別れの時まで、
家族の心情が、やさしく温かく語られています。


機会あれば、ぜひ一度、
手にとってみてくださいね。

がんに悩み、苦しみ、
そして検査に一喜一憂する家族の姿。

それは、もはや、
すずちゃんの家族だけにとどまりません。

今では日本人男性の2人に1人、
女性の3人に1人ががんになる時代。

がんは、1981年から死因の第1位であり、
右肩上がりに増殖を続けています。

人は、いつがんに侵されるかわかりません。
このことをしっかりと受け止めて、
がん予防や、治療、そして緩和も含め、
がんに関する様々なことを、
もっともっと一緒に考えていきたい・・・。

ぼくも、ますます頑張りますよ!!


がんを予防するには?

何といっても、がんにならない体をつくること。
がんになっても早期に発見すること。
この二つにつきます。

皆さん、がん年齢といわれる40歳からは、
世界で最も検診精度が高いといわれる
PET-CTがん検診で、がん早期発見を!!

ここまでお読みいただいてありがとうございました。
これからも、がん早期発見のために頑張っていきたいと思いますので、
応援よろしくお願いします。(クリックしてね)→
 にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

★★がんが気になる方は、お読みください!
PET-CTがん検診は、
世界で最もがんの早期発見が期待されている検診方法です。
痛みが全くなく、横になっているだけのPET-CTがん検診なら、
全ての部位が、短時間で一度に検査でき、小さながんも発見可能です。
PET-CTがん検診についてのご質問は、どんなことでも
大阪のMI(エムアイ)クリニックへ。資料が欲しい方は、こちらから



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
はじめまして。
わたしの父もがんでした。
最初は初期の肺がんで手術すれば成功率が高いといわれていたのに、
その後肝臓にもがんが発見され、発見から数か月余りであっという間に
逝ってしまいました。
とにかく突然のことでマンガのすずちゃんのようにパニックになりました。
父の病気のときに、この本を読んでいたらもう少し冷静になれたかも
しれません。
すずちゃんのお母さんの主治医の先生、寝ぐせがついていたり
言葉を選んで伝えてくれるところがすごく好感がもてました。
病気になると家族も不安のかたまりなるので、事実をただ淡々と
告げられるよりは、言葉をえらんでいただけると、患者としても
家族としても不安がやわらぐんですよね。
生意気を言いましてすみません。
これからもがんばってくださいね。
【2008/09/01 23:30】 URL | 日月 #ffVU29mw [ 編集]

日月さんへ
ご家族は心の準備をする時間もなく
お父様は逝ってしまわれたのですね。
さぞお辛かったと思います。

闘病や看病で胸がつぶれそうな患者様に対して
医師の人柄、言葉遣いがいかに大切か
身にしみて感じさせられます。

ぼくは、呼吸器内科が専門で
毎週木曜日には往診に行くのですが、
患者様とのコミュニケーション(言葉)の大切さを
しみじみと感じるひとときです。

コメント、ありがとうございました。
【2008/09/02 16:59】 URL | ドクター大ちゃん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ihaku.blog100.fc2.com/tb.php/201-04a19131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MIクリニックMovie

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

大阪/PET-CTがん検診センター MIクリニック by MIクリニックさん

プロフィール

大ちゃん           

Author:大ちゃん     
呼吸器内科の医師で
働き盛りの40代。
大阪・大東市にある
医療法人 仁泉会の理事長。
さらに、がん早期発見の最先端を担う
「PET-CTがん検診センター」MIクリニックを
大阪府豊中市に開設。
予防医学の新たなステージを追求中。
医療専門誌にも掲載多数。
地域の大病院、診療所との連携も強い。

性格は温厚で無邪気で、気が長~い。
ちょっと負けず嫌いな一面も?
月2回のテニスが大の楽しみ!
皮膚科医の妻と子供2人との4人暮らし。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。