ドクター大ちゃんの「大阪/PET-CTがん検診&がん早期発見」
がんになりたくない人、必見!大阪のPET-CTがん検診センター・MI(エムアイ)クリニックの医師が語る「がん」早期発見プログラムとは?早期がんを発見する高度な画像診断力と最新鋭の機器のすべてを公開。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経験の差が読影に出ますね    2007.5.25
いやぁ今回も、MIクリニック院長 濱田の飛び入りブログです。

私は放射線医学、核医学の専門医なので、
「読影」について、深い見識のブログを
皆さんにわかりやすく、ということで
ドクター大ちゃんからバトンを渡されています。

慣れないブログにちょっと照れつつ…
読影の第二話をお届けします。


読影はなにぶん

人間が判断することですから、

同じ画像データを読影しても

同じ結果が得られるとは限りません
dokuei2

例えば、

卒業したての医師と臨床経験を豊富に積んだ医師とでは
見方が違って当然なのです。


経験があると微妙な違いがわかり、

見逃されがちなところも発見できるようになります。


また人間の身体は、機械のように画一ではありません。
個人差があります。
ある人にとって正常であることが別の人では異常だったりします。

そういうことも、医師としての経験を積んで
多種多様な身体のバリエーションを知らないとわかりません。

本当に経験とは凄いもので、これがあってこそ
「この画像、なんだか臭うぞ!」という
病気発見の直感が研ぎ澄まされてくるのです。

「医者の経験ってすごいな」と思ってくださった方は
クリックしてくださいね。


にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント
真剣勝負
こんなに医療の技術が発展しても、
経験や勘みたいなものには追いつけないんっすね。
最後は人間の判断が重要なのか。
本当に真剣勝負っすね。頑張ってください!
【2007/05/28 10:29】 URL | クローバー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ihaku.blog100.fc2.com/tb.php/19-06c70045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MIクリニックMovie

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

大阪/PET-CTがん検診センター MIクリニック by MIクリニックさん

プロフィール

大ちゃん           

Author:大ちゃん     
呼吸器内科の医師で
働き盛りの40代。
大阪・大東市にある
医療法人 仁泉会の理事長。
さらに、がん早期発見の最先端を担う
「PET-CTがん検診センター」MIクリニックを
大阪府豊中市に開設。
予防医学の新たなステージを追求中。
医療専門誌にも掲載多数。
地域の大病院、診療所との連携も強い。

性格は温厚で無邪気で、気が長~い。
ちょっと負けず嫌いな一面も?
月2回のテニスが大の楽しみ!
皮膚科医の妻と子供2人との4人暮らし。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。