ドクター大ちゃんの「大阪/PET-CTがん検診&がん早期発見」
がんになりたくない人、必見!大阪のPET-CTがん検診センター・MI(エムアイ)クリニックの医師が語る「がん」早期発見プログラムとは?早期がんを発見する高度な画像診断力と最新鋭の機器のすべてを公開。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PET-CT大阪のMIクリニック発】アルツハイマーの早期診断!
こんにちは!
MIクリニック理事長の伊泊大造(いはく だいぞう)です。

daizou.png


実は、うちのPET-CTがん検診センターMIクリニックで、
早期アルツハイマー型認知症
「早期AD」の診断ができるようになりました。


アルツハイマー型認知症の発症率は非常に高く
65歳以上だと13人に1人
85歳以上では4人に1人
の確率です。
この数字を見ると非常にありふれた病気だと言えるのですが
一般的には「不治の病」のイメージがありますね。

でも最近では、ワクチンや治療薬の開発、診断技術の進歩で
予防できる病気になってきましたよ。

もともと「早期AD」の診断には、PET-CTが有用と言われていたんです。
それに加えて、当クリニックではさらに手厚い診断をと
エーザイ株式会社さんが開発された
「早期AD」診断支援ソフトを MRI検査に導入しました。

ちなみにこのソフト、最新鋭のMRI装置でないと動かないので
導入する医療機関が限定されるとのこと。(当MIクリニックのMRIは、1.5テスラ)

この件で先週の土曜日(2月16日)に、
AD治療に関わっておられる臨床医の先生方を対象とした講演会がありました。
VSRAD.jpg

司会をぼくが務め、特別講演「認知症と画像診断」についてを
MIクリニック院長の濱田星紀先生が行いました。
院長3
☆濱田先生の記事はこちらにも
☆さらにこちらにも濱田先生

北大阪警察病院 脳神経外科部長 越前直樹先生は、
脳外科医のお立場からお話をされました。

アルツハイマー型認知症では、
記憶のカギを握るといわれる
海馬の萎縮が最も早く 起こることがわかっています。
ですから、海馬・海馬傍回付近の萎縮の程度を評価することが
「早期AD」診断のポイント
であり、
このMRIレポートが有効だというお話にご来場のドクターが聞き入っておられました。

会場風景JPG


★臨床医の先生方へ
臨床上(症状、MMSEテストなど)、「早期AD」を疑う場合、
このMRI所見も確認することで、積極的な早期治療に結び付けることができます。
また、定期的にフォローアップ検査を行うことで、
病気の進行度合いや治療効果などを確認することができます。
なお、アルツハイマー型認知症以外にも、
「ピック病」、「前頭側頭型認知症」、「血管性認知症」などの認知症があります。
総合診断のための補助情報として本レポートをご活用ください。

ここまでお読みいただいてありがとうございました。
これからも、がん早期発見、早期AD発見のために頑張っていきたいと思いますので、
応援よろしくお願いします。
(クリックしてね)→ にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

★★がんが気になる方は、お読みください!
PET-CTがん検診は、
世界で最もがんの早期発見が期待されている検診方法です。
痛みが全くなく、横になっているだけのPET-CTがん検診なら、
全ての部位が、短時間で一度に検査でき、小さながんも発見可能です。
PET-CTがん検診についてのご質問は、どんなことでも
大阪のMI(エムアイ)クリニックへ。資料が欲しい方は、こちらから
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

ドクター大ちゃん
こんばんは~
お若い方でも認知症になる方もいらっしゃるのですよね~
テレビの報道番組や樋口加奈子さんの映画でも観たことあります

>アルツハイマー型認知症では、
>記憶のカギを握るといわれる
>海馬の萎縮が最も早く 起こることがわかっています

どうして起こるかの解明はまだなのですか?
本人も辛いでしょうが妻や周りの家族も大変ですよね・・・・
高齢になったらまあ仕方ないかと諦めもつきますが若い方がかかるのは悲惨です

早期発見で少しでも早く対処出来て進行しないといいですね~

【2008/02/20 00:24】 URL | machi811 #- [ 編集]


machiさん、こんにちは。
きょうもコメントありがとうございます。
ご質問のアルツハイマー病に関しては、
現在アミロイドβ蛋白という異常物質が神経細胞に蓄積することにより
脳萎縮が進むという説が最有力で
これに関するワクチン療法も開発されつつあります。
なお海馬付近には、再生する細胞があり
これが記憶(物忘れ)の鍵を握っていると言われています。
なぜアルツハイマー病が海馬付近の萎縮から進行するのかはわかっていません。
がん早期発見と同じく、早期ADの診断をつけることが大切だと思います。
【2008/02/21 13:05】 URL | ドクター大ちゃん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ihaku.blog100.fc2.com/tb.php/136-77328d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MIクリニックMovie

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

大阪/PET-CTがん検診センター MIクリニック by MIクリニックさん

プロフィール

大ちゃん           

Author:大ちゃん     
呼吸器内科の医師で
働き盛りの40代。
大阪・大東市にある
医療法人 仁泉会の理事長。
さらに、がん早期発見の最先端を担う
「PET-CTがん検診センター」MIクリニックを
大阪府豊中市に開設。
予防医学の新たなステージを追求中。
医療専門誌にも掲載多数。
地域の大病院、診療所との連携も強い。

性格は温厚で無邪気で、気が長~い。
ちょっと負けず嫌いな一面も?
月2回のテニスが大の楽しみ!
皮膚科医の妻と子供2人との4人暮らし。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。