FC2ブログ
ドクター大ちゃんの「大阪/PET-CTがん検診&がん早期発見」
がんになりたくない人、必見!大阪のPET-CTがん検診センター・MI(エムアイ)クリニックの医師が語る「がん」早期発見プログラムとは?早期がんを発見する高度な画像診断力と最新鋭の機器のすべてを公開。
12 | 2008/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【PET-CT大阪のMIクリニック発】迷ったらセカンドオピニオン
こんにちは!
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けします。



「主治医からすすめられた手術や治療、どうしよう??」

決断を迫られた時、誰しも迷います。
他の専門医ならどう言うのだろうか?
相談したいと思うのは、当たり前の心理です。
そんな時、他の医師の意見を聞くことを
セカンドオピニオンと言います。

アメリカでは、医師が診察の終わりに
「セカンド・オピニオンをとりますか」と、
尋ねるのは普通のこととなるほど定着しています。

kaeru1_30.jpg

でも日本人は
まだまだ主治医に遠慮して、
セカンドオピニオンをとれないという人が多いのではないでしょうか。

「主治医を信じてないようで失礼だ」
「主治医が気分を害してちゃんと診察してくれなくなるのでは?」
と思うと、心配になるのが患者様の心理です。

でも心配しないで。
医学の進歩に伴い、
一つの病気でもいろいろな治療法がある時代です。
セカンドオピニオンに対する考え方は大きく変化しています。
保険はききませんが、
セカンドオピニオン外来」をもうけている病院もあるぐらいです。
一つの治療法では限界がある場合、
いくつかを併用する「集学的治療」が必要になる時もありますので、
複数の医師の意見を聞くという
セカンドオピニオン」は、時代の要請です。

セカンドオピニオン最も効果的なタイミング!
それは、病名を診断されてから、
最初に治療を受けるまでの間にとること。

手術や抗がん剤治療は、
一生にそう何度もありませんから、
納得して治療を受けるためにも、
迷ったらセカンドオピニオンをとってください。

大阪のPET-CTがん検診センターMIクリニックでは、
一度検診を受けられた方とそのご家族のために、
生涯安心な「永年ドクターサポート特典」があります。

それは、気になる症状がある時、
主治医以外の見解を聞きたい時に
無料でご相談にのりサポートするというシステム
です。(電話予約制)
こちらもぜひご活用くださいね。

ここまでお読みいただいてありがとうございました。
これからも、がん早期発見啓発のために頑張っていきたいと思いますので、
応援よろしくお願いします。
(クリックしてね)→ にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

★★がんが気になる方は、お読みください!
PET-CTがん検診は、
世界で最もがんの早期発見が期待されている検診方法です。
痛みが全くなく、横になっているだけのPET-CTがん検診なら、
全ての部位が、短時間で一度に検査でき、小さながんも発見可能です。
PET-CTがん検診についてのご質問は、どんなことでも
大阪のMI(エムアイ)クリニックへ。資料が欲しい方は、こちらから
 



スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:心と身体



MIクリニックMovie

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

大阪/PET-CTがん検診センター MIクリニック by MIクリニックさん

プロフィール

大ちゃん           

Author:大ちゃん     
呼吸器内科の医師で
働き盛りの40代。
大阪・大東市にある
医療法人 仁泉会の理事長。
さらに、がん早期発見の最先端を担う
「PET-CTがん検診センター」MIクリニックを
大阪府豊中市に開設。
予防医学の新たなステージを追求中。
医療専門誌にも掲載多数。
地域の大病院、診療所との連携も強い。

性格は温厚で無邪気で、気が長~い。
ちょっと負けず嫌いな一面も?
月2回のテニスが大の楽しみ!
皮膚科医の妻と子供2人との4人暮らし。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード