ドクター大ちゃんの「大阪/PET-CTがん検診&がん早期発見」
がんになりたくない人、必見!大阪のPET-CTがん検診センター・MI(エムアイ)クリニックの医師が語る「がん」早期発見プログラムとは?早期がんを発見する高度な画像診断力と最新鋭の機器のすべてを公開。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒とたばこが悪いワケ
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けしております。


★大阪でがん検診をお考えの方は、
お気軽にPET-CT検査の資料をご覧ください。
資料請求は、こちらから


 にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ←応援クリックをお願いします。他の方のブログも読めます。


【本日のブログ】

急速に秋が深まって
朝晩は、だいぶ冷え込むように
なりましたね。


そろそろ熱燗が
恋しくなる方がおられるのでは?

ただし、おいしいお酒は、
ほどほどに。

お酒

お酒に含まれているエタノールは
分解されてアセトアルデヒドになります。


これが、顔を赤くしたり、
気分を悪くしたり、
頭痛を起こしたりする主犯です。

そしてさらに悪いことに
この物質は「がんの発生」に関わっているとも
いわれています。

というのは、
アセトアルデヒドが
分解される時に出る活性酸素が、
細胞の中の核酸(DNA)を作るのに必要な
「葉酸」という物質を壊してしまう
からです。

これによってDNAの合成や、
傷ついたDNAの修復がうまく行かず、
がんになる
と考えられています。 

一方、がんの原因の3割を占める
といわれているたばこの場合。

たばこの煙には、
強力な発がん性物質が、多数含まれています。

喫煙者からは、たばこの煙が直接触れるのどや気管、肺以外に、
煙が直接触れない大腸の粘膜からも
発がん性物質が検出
されています。
恐ろしいことです。

日本の喫煙率は、欧米の倍以上。
日本は、たばこ大国です。

たばこを吸う人は、吸わない人に比べ、
1.6倍もがんになりやすいことがわかっています。

たばこがなくなれば、
男性のがんの3分の1が
消滅する
といわれているくらいです。

たばこは吸わず、お酒は適量を!

この二つを守るだけでも、
がんのリスクを減らすことができますよ。

そして、がん年齢といわれる40歳からは、
世界で最も検診精度が高いといわれる
PET-CTがん検診
で、がん早期発見を!!

ここまでお読みいただいてありがとうございました。
これからも、がん早期発見のために頑張っていきたいと思いますので、
応援よろしくお願いします。(クリックしてね)→
 にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

★★がんが気になる方は、お読みください!
PET-CTがん検診は、
世界で最もがんの早期発見が期待されている検診方法です。
痛みが全くなく、横になっているだけのPET-CTがん検診なら、
全ての部位が、短時間で一度に検査でき、小さながんも発見可能です。
PET-CTがん検診についてのご質問は、どんなことでも
大阪のMI(エムアイ)クリニックへ。資料が欲しい方は、こちらから


スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

【PET-CT大阪のMIクリニック発】歯周病とがんの意外な関係?!
こんにちは!
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けします。



みなさん、
お口の中は健康ですか!

今や現代病ともいわれる、歯周病

40歳以降に歯を失う原因の
大半を占める
といわれています。

この歯周病に、
何と、日本人の成人(35歳以上)の
80%がかかっているといわれています。

歯周病は、歯肉に炎症が引き起こされ、
放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、
最後には歯が抜け落ちてしまう怖い病気ですね。

kaeru08_6_3.jpg


そればかりか、
これまでの研究では、
歯周病が心臓病や糖尿病
発生リスク高めるといわれてきました。

そして最近では、
歯周病で、がんのリスクが高まる
との研究結果が。 

これは、米国・インペリアル・カレッジ・ロンドン
歯周病とがんの関係について発表したもの。

歯周病歴のある
男性医療専門家を対象にした長期研究で、
がんを患う可能性が全体的に14%高い
ことがわかった、というものです。

「歯周病は肺や腎臓、すい臓、血液のがんの
リスク増大と大きな関連性があった」

報告しています。

口の中のことだと思って、軽く考えていると
とんでもない疾病につながるということですね。

思わず、歯医者さんに行かなければ・・・。
と焦った方もおられるのではないでしょうか?

といったところで、ちょっとブレイクタイム。
ドクター大ちゃんのランキングをチェック!

     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

ところで、歯周病も
がんや脳卒中、糖尿病などと並んで、
生活習慣病の一つといわれています。

ここ半世紀、私たちの生活習慣は
欧米化して、同時に病気も欧米化。

脳卒中が減少して心疾患が増加し、
胃がんが減って、大腸がんや乳がん、
前立腺がんも増えています。


がんの危険因子は、
何と言っても、食物、たばこ、アルコールなど。

特に、食物の占める割合は35%と最も大きく、
次いでたばこが30%を占めます。
皆さん、気をつけてくださいね。

がん年齢といわれる40歳からは、
PET-CTがん検診を受診して、早期発見を!!

ここまでお読みいただいてありがとうございました。
これからも、がん早期発見のために頑張っていきたいと思いますので、
応援よろしくお願いします。
(クリックしてね)→ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

★★がんが気になる方は、お読みください!
PET-CTがん検診は、
世界で最もがんの早期発見が期待されている検診方法です。
痛みが全くなく、横になっているだけのPET-CTがん検診なら、
全ての部位が、短時間で一度に検査でき、小さながんも発見可能です。
PET-CTがん検診についてのご質問は、どんなことでも
大阪のMI(エムアイ)クリニックへ。資料が欲しい方は、こちらから




テーマ: - ジャンル:心と身体

【PET-CT大阪のMIクリニック発】12か条、実践してる?
こんにちは!
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けします。



4月30日に厚生労働省が発表した

「国民健康・栄養調査」。


国民の多くが運動不足、
しかも食習慣が大きく乱れている
という実態が明らかになりました。

kaeru08_5_6.jpg

ちょっとご紹介しますと・・・。

たとえば、糖尿病患者やその予備群と
推定される人数は、何と1870万人、
4年前の調査に比べて、250万人も増えています。

メタボの方はというと、
「該当者」と予備軍は、約1940万人。

こちらは40歳~74歳では
男性のほぼ2人に1人、女性の5人に1人が、
メタボ該当者か予備軍という結果です。

喜べない数字ばかりが、並んでいますね。

さらに今回の調査では、
生活習慣病が増加している、
こんな背景も明らかに!

食生活では、97年の調査と比べて、
各年代とも午後7~8時に食べる比率が減り、
午後9時以降に食べる割合が増えています。

また、日常生活で体を動かすことを
「実行していない」と回答したのは、
20~50代男性、20~40代女性で、
それぞれ4割以上だったことも分かりました。

といったところで、ちょっとブレイクタイム。
今、いったい何位なんだろ?

     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

不規則な食生活に、運動不足!
これらはまぎれもなく
様々ながんのリスクを高めている、
ということに他なりません!!

そこで復習です!

「こんな生活をすると、がんになりにくいですよ」という
「がんを防ぐための12ヵ条」(国立がんセンター発表)を読んで
無頓着だった日ごろの生活習慣を、
この機会にもう一度見直しましょう!!



第1条
バランスのとれた栄養をとる―いろどり豊かな食卓にして―

第2条
毎日、変化のある食生活を―ワンパターンではありませんか?―

第3条
食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに―おいしい物も適量に―

第4条
お酒はほどほどに―健康的に楽しみましょう―

第5条
たばこ吸わないように―特に、新しく吸いはじめない―

第6条
食べものから適量のビタミンと繊維質のものを多くとる─緑黄色野菜をたっぷりと─

第7条
塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから―胃や食道をいたわって―

第8条
焦げた部分は避ける―突然変異を引きおこします―

第9条
かびの生えたものに注意―食べる前にチェックして―

第10条
日光に当たりすぎない―太陽はいたずら者です―

第11条
適度にスポーツをする―いい汗、流しましょう―

第12条
体を清潔に―さわやかな気分で―

生活習慣が、がんの発生に大きく影響していることは
疑う余地がありません。

特に、喫煙と食生活の割合は大きく、
がんの原因の60%以上を占めるとさえ言われるほど。

がんが気になる40歳以上の方は、
この機会に
PET-CTがん検診を受診してみませんか。

ここまでお読みいただいてありがとうございました。
これからも、がん早期発見のために頑張っていきたいと思いますので、
応援よろしくお願いします。
(クリックしてね)→ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

★★がんが気になる方は、お読みください!
PET-CTがん検診は、
世界で最もがんの早期発見が期待されている検診方法です。
痛みが全くなく、横になっているだけのPET-CTがん検診なら、
全ての部位が、短時間で一度に検査でき、小さながんも発見可能です。
PET-CTがん検診についてのご質問は、どんなことでも
大阪のMI(エムアイ)クリニックへ。資料が欲しい方は、こちらから
【PET-CT大阪のMIクリニック発】加齢臭は、生活習慣病のサイン?!
こんにちは!
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けします。



「オヤジ臭い」って
言われたことありません?

最近、よく聞く「加齢臭」というのは、
この「オヤジ臭」のこと?

2000年に資生堂の研究所が、中高年特有の体臭の原因が
ノネナールと呼ばれる物質であることを発見し、
それを「加齢臭」と名づけたことが始まりとか。

kaeru08_5_3.jpg

ノネナールは、青臭さと脂臭さを
併せ持っていて、男女問わず発生。

ただし、同じ年齢の男女を比べると、
その発生は女性のほうが少ない傾向にあるそうです。

ということで、厳密に言えば、
加齢臭=オヤジ臭ではないのですね。

そもそもノネナールは、
汗腺のそばにある皮脂腺から出る
脂肪酸が酸化や発酵したもの。

食べすぎや動物性脂肪の摂りすぎなどで、
この脂肪酸の量が増えたり、
また喫煙やストレスの多い生活も
加齢臭を強くするといわれています。

がんなどの生活習慣病につながる要因がそのまま、
ノネナールを増やす原因になっているのですね。

加齢臭が、「生活習慣病のサイン」
ともいわれる所以です。

といったところで、ちょっとブレイクタイム。
今、いったい何位なんだろ?

     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

ところで、生活習慣病といえば、
がんと脂肪性食品との関係も気になるところ。

脂肪をとりすぎると、
血液中の女性ホルモンの一種である
エストロゲンが増えて乳がんリスクが上る
と考えられています。

また、脂肪の摂取量は、
大腸がんや前立腺がんなどの発生とも
関連のあることが指摘されています。

食べすぎと脂肪の摂りすぎは
がんの大きなリスクになりますから、
男女問わず、注意してくださいね。

みなさんも、がんにならないように、
積極的ながん予防と、食生活の見直しを!!

がん年齢といわれる40歳からは、
PET-CTがん検診を受診して、早期発見を!!

ここまでお読みいただいてありがとうございました。
これからも、がん早期発見のために頑張っていきたいと思いますので、
応援よろしくお願いします。
(クリックしてね)→ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

★★がんが気になる方は、お読みください!
PET-CTがん検診は、
世界で最もがんの早期発見が期待されている検診方法です。
痛みが全くなく、横になっているだけのPET-CTがん検診なら、
全ての部位が、短時間で一度に検査でき、小さながんも発見可能です。
PET-CTがん検診についてのご質問は、どんなことでも
大阪のMI(エムアイ)クリニックへ。資料が欲しい方は、こちらから
【PET-CT大阪のMIクリニック発】「肝臓時計」は正常ですか?!
こんにちは!
PET-CTによる、最先端のがん検診を提供している大阪のMIクリニックです。
ドクター大ちゃんこと、理事長の伊泊大造(いはくだいぞう)が
がんや成人病予防に役立つお話をお届けします。



よく「体内時計が狂ったみたい」
なんていいますよね。
人は誰でも体の中に時計を持っていて、
朝になると目が覚めるように
体に指示を与えたりしています。

この時計が「体内時計」で、
睡眠の他にも、食事・運動などの
生活リズムをコントロールしています。
kaeru4_15.jpg

この「体内時計」ですが、
実は肝臓にもあるんですね。

「肝臓時計」、ご存知でした?

不規則な食事を続けると、
この「肝臓時計」に異常が!!


そんな研究結果が
4月7日付の新聞各紙に。

『脂っこい食事を不規則に取る生活を続けると、
コレステロールの代謝を担う肝臓の「体内時計」が異常となり、
同じ食事内容でも規則正しく取った場合に比べ、
血中コレステロール濃度が大幅に上がる可能性が高いことが分かった』

これは「規則正しい食生活をしないと不健康になる」という
メカニズム解明を目的とした、名大大学院・小田准教授らの
研究で分かったもの。

私たちは、ごく普通に一日3回、
ほぼ決まった時間に食事をとっていますが、
この規則正しい食習慣が、
がんなどの生活習慣病の予防に、
とても重要な働きをしている、
ということなんですね。

といったところで、ちょっとブレイクタイム。
今、いったい何位なんだろ?

     ↓
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

生活習慣病というのは、いうまでもなく、
食生活、運動習慣、休養、喫煙、飲酒など、
普段の生活習慣が発病や進行に
深くかかわっている病気のこと。

中でもがんの危険因子は、
何と言っても食物、たばこ、アルコール
など。
それらとがんについて、簡単にまとめると・・・

<脂肪とがん>
脂肪の摂取量が多いと、
乳がん、大腸がんの発生リスクが高まります。
食べ過ぎをさけ、脂肪は控えめに。
運動をして肥満を防ぐことも重要です。

<塩分とがん>
胃がんの発生にも大いに関係が。
日ごろから減塩に心がけることが大切です。

<たばことがん>
1本のたばこの煙の中には、
ベンツピレンやニトロサミンなどの、
微量ですが強力な発がん物質が、多く含まれています。

1日に25本以上吸う人は、
たばこを吸わない人に比べて、
死亡の危険性が15倍以上になる、という報告も。

<アルコールとがん>
アルコール摂取量が多いと、
食道がん、肝臓がん、乳がんの発生リスクが高まります。
お酒は、おいしく適量を!

みなさんも、がんにならないように、
積極的ながん予防と、規則正しい生活習慣を
ぜひ心がけてくださいね!

さらに、がん年齢といわれる40歳からは、
年に一度は必ずPET-CTがん検診を受診して、早期発見を!!

ここまでお読みいただいてありがとうございました。
これからも、がん早期発見のために頑張っていきたいと思いますので、
応援よろしくお願いします。
(クリックしてね)→ にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ

★★がんが気になる方は、お読みください!
PET-CTがん検診は、
世界で最もがんの早期発見が期待されている検診方法です。
痛みが全くなく、横になっているだけのPET-CTがん検診なら、
全ての部位が、短時間で一度に検査でき、小さながんも発見可能です。
PET-CTがん検診についてのご質問は、どんなことでも
大阪のMI(エムアイ)クリニックへ。資料が欲しい方は、こちらから

テーマ: - ジャンル:心と身体



MIクリニックMovie

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

大阪/PET-CTがん検診センター MIクリニック by MIクリニックさん

プロフィール

大ちゃん           

Author:大ちゃん     
呼吸器内科の医師で
働き盛りの40代。
大阪・大東市にある
医療法人 仁泉会の理事長。
さらに、がん早期発見の最先端を担う
「PET-CTがん検診センター」MIクリニックを
大阪府豊中市に開設。
予防医学の新たなステージを追求中。
医療専門誌にも掲載多数。
地域の大病院、診療所との連携も強い。

性格は温厚で無邪気で、気が長~い。
ちょっと負けず嫌いな一面も?
月2回のテニスが大の楽しみ!
皮膚科医の妻と子供2人との4人暮らし。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。